メルクマーク序論〜[BLOG M]としてのリニューアルにあたって

構想15年、「完全戦国年表」の独自ドメイン化(通称:年表.com)を本日より開始します。ドメイン名は「merkmark.com」。この名前に込めた意思はTOPページの「About」をごらん頂くとして、「メルクマーク」っていうと明らかにドイツ語由来の「メルクマール」の誤用なんですよ。だけど、merkとmalの造語であるように、merk(独)とmark(英)の造語だっていいじゃないか、と漱石枕流のような気分もあったりします。これで、「メルクマーク」ってみんな間違えてくれればサイトの宣伝にもなっちゃう(笑) この名前を考えつくのに5年、頭に思い描いて7年くらい。ずっとドメインは取ったままだったのですが、本日2012年12月6日、ようやく公開します。
それもこれも、「Theメディア市」をおいていたNews-Handlerのゆるやかなフェードアウトのおかげです(blogtribe.netはサービス休止の連絡も無くドメイン業者の手に落ちていますw)。そんなことなければ、ずっと公開先延ばしにしてましたよ、忙しいもん。ただ、12月6日を公開日にするってことは結構前から決めてました。私にとって、12月6日(正確にはその前日の12月5日)は忘れられない一日だからです。おいおいお話しすることもあるでしょう。
「完全戦国年表」のみならず、既にASAHI-NETサーバで作成を仄めかしていた「完全幕末年表」に加え、「新暦日本史年表」「完全近現代史年表」と、幅広く作成していく希望を持っています。年表には適正規模があると考えていて、その名前に応じたサイズになるでしょう。
「完全戦国年表・第3版」を公開して15年経つのですが、日本の過去の出来事をグレゴリオ暦にして追っかけるという風潮はついぞ広まりませんでした。一番このことを考慮してるのはWikipediaというお寒い状況です。今年も6月2日になれば本能寺の変だし、12月14日になれば赤穂浪士が討ち入りします。こんな状況に一石を投じたい。
そして、「戦国時代人物名鑑」を書いていたころから15年も経って、この私も世間に揉まれてちょっとは物事の見方が変わってきております。若かったころにはなかった見方を少しずつ書いていきたい。日本の方々も歩いてきました。その土地を歩いてみて、培った考えを歴史とクロスさせていきたい。
歴史は依存する対象ではなく、歴史にちょっと入ってから実際の社会に帰って行くと、なんだか元気が湧いてきます。折れそうな心に幾ばくの水を注してくれる。歴史を通したほうが、何事も説得力があるので、はい。
「完全戦国年表はオワコン」と言われて久しいですが、そもそも戦国WebSite界(?)では、技術をもってならしていたサイトなので、そっちで頑張ります。プレゼンスもほとんどなく、小学校教材として使われているのがメインという状況ですが、「ちょっと調べ」に大人が使えるサイトを目指します。うん、詳しい情報はWikipediaにお任せ。でも、Wikipediaは編集しあった結果大人しいことしか書いてないので、こってり担当。

その「Merkmark Timelines」のブログとして堂々デビュー、でもデザインはWordpressのテーマ・Twenty Twelveの配色を野暮ったくしたかんじな「[BLOG M]」。コンテンツは相変わらずの「メディア市」に、「編纂後記」と慎ましく書いていきます。略称の[BLOG M]の”M”はmerkmarkのMであり、メディア市のMです。ただ、同名サイトも一応あるっぽいので、あくまで正式名称は「Merkmark Timelines Official Weblog」です。「Theメディア市」が3年以上も更新してないのに更新されるのか? はい、とりあえずかつての「戦国メディア市」を[BLOG M]にて再構成(再校正)のうえ復刻します(特別回をのぞく)。元祖戦国メディア評論家として、細々頑張ります。
旧「Theメディア市」のコンテンツもおおよそは引っ張ってきています。が、一番最後の「そのうち移転します。」エントリだけは、消滅です。バックアップが手元にないため…だって、管理画面だけはいけてたりしたんだもん、News-Handler。無念。

なお、「完全戦国年表」についてはしばらくASAHI-NETサーバで継続となります。他のサイトは、merkmarkドメインで最初から運用します。「完全戦国年表」のサイト移動計画については稿を改めさせてください。

とにかく、この10年くらいinputばっかりしてきてしまったので、そろそろoutputに軸を戻します。サイト自体、いろいろ突貫工事で、「新暦日本史年表」の同時公開も出来ない有様ですが、じっくり確実に橋頭堡にしていきます。期待されなくても、結果として辿り着いている情報になることを目指しています。
ネット人口も増えて、書き手も増えて、その中で敢えてまだ書くからには、使命はあります。