[BLOG M]を含めたMerkmark Timelines全体のhttps(常時SSL)化について

久々の「お知らせ」カテゴリでのpostとなります。
「完全戦国年表・第4版」と「完全幕末年表」の公開を控え、この2つのサイトにはざっと500程度の文書が存在します。さらに、「完全戦国年表」は20年間にわたって使ってきたASAHI-NETサーバから移転することになります。つきましては、多くのページが変化するこのタイミングを持ってwww.merkmark.comおよびblog.merkmark.comについて、常時SSL/TLS化を断行することと致しましたのでご報告となります。
「Merkmark Timelines」(www.merkmark.com)は現状トップページAboutページ(通称ポエムページ)しかないので2ページのみで影響は軽微ですが、当[BLOG M]につきましても、すべてのページをSSL化いたします。なお、httpでアクセスした場合もhttpsにリダイレクトされます。
なお、www.merkmark.comドメインはIPアドレスベースのSSLを採用し、ある程度古いブラウザや古いOSでもhttpsに対応していますが、当[BLOG M]はSNI SSLとしたため、古いフィーチャーフォン(ガラケー)では閲覧が出来なくなります。個人的には、すべての環境で見られるようにするのがモットーでありポリシーですが、年表本体と違い、Weblog側はガラケーでの閲覧は相対的に少ないことから断行に踏み切りました。批判は甘んじてお受けいたします。
また、News-Handlerから移転後放置していたAmazonリンクを作った書影についても、あらためてMerkmark Timelinesとしてアフィリエイト参加のうえ、付けなおしをしております。商品写真がないページはリンクを落としています。これらはhttps化に伴う措置です。アフィリエイトに嫌悪感を持つ方が絶滅していない現状でさらっと書いていますが、アフィサイトっていうほどリンクもしてない現況を踏まえご承知おきください。

実は、www.merkmark.comドメインは1/8夜よりサーバー移転とCMS化を行っており、blog.merkmark.comにおいてもサーバー移転を行いました。その際にケータイ表示プラグインを切っており(Shift-JIS対応を打ち切りUTF-8オンリーとなりました)、急に見られなくなってしまっているのが状況です。サービスとしては微妙なのですが、予備機も検証機もない環境での提供となっており、常に商用環境でフィールドトライアルしている状況であることをご理解頂ければと存じます。

常時SSLによるメリットの説明は割愛しますが、暗号化にコストは諸々かかるものの基本的にWebはhttpsになっていくのだと思います。昨今の状況を踏まえ、全てのページをhttpsでスタートするものとし、[BLOG M]においてもpost数が少ない段階でAOSSLを行うこととしました。ご不便をおかけする方は0だと思いませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする