「 完全戦国年表編纂後記 」一覧

完全戦国年表公開20周年

2017年1月26日で、ウェブサイト「完全戦国年表」は公開20周年を迎えることが出来ました。が、18年は更新休止している状態で、あまり自慢は出来ませんね。もう終わったサイトに近い。

ですが、「独自ドメイン版完全戦国年表」というのはずっと構想にあり、また、私自身が学士号・修士号を(歴史学ではないのですが)取得する過程において、学問のやり方というものを学び、その点からちょっと是正が必要かなと思っている部分も多くなっているのでした。そんなこともあり、まじめに少しずつ書きためてはおり、ラストスパートを宣言してもよい程度まで貯まったので、20歳を期に今年中の第4版公開を宣言しました。

コンテンツ作成自体も大変なのですが、同じくらい大変なのが新しいロゴ。じつは本日同様に2017年中の公開を宣言した完全幕末年表がすっと作れたのに対し、完全戦国年表は生みの苦しみを味わいました。アプローチが異なるロゴタイプとなっているので、是非告知ページから確認してみてください。

 

と、ここからは完全戦国年表20周年記念日の特別企画、「トップからリンクが切れているけどまだ残っているページの総ざらえ」 はい、過去コンテンツ完全流用の手抜き企画です。

▼戦国人・怒涛の記録
http://www.asahi-net.or.jp/~mh6h-ecg/ksn/dotou/dotou1.htm
初期コンテンツのひとつ。ある意味では、戦国時代人物名鑑の先駆けとも言える。織田信忠1回で終了。

▼街道を行けっ!!
http://www.asahi-net.or.jp/~mh6h-ecg/ksn/kaido/
公開することなく終わったコンテンツ。城めぐりの旅行記になる予定だったか。今にしてみれば、もっと気合い入れて書いても良かったかもしれない。だが、きっとmixiの過去日記のような痛い文章になっていたことだろう。

▼完全戦国年表ライブラリー
http://www.asahi-net.or.jp/~mh6h-ecg/ksn/library/
「戦国人・怒涛の記録」「街道を行けっ!!」の解説が読めるのは「完全戦国年表ライブラリー」だけ!どうも、小学館文庫や東洋文庫、平凡社ライブラリーを志向してつくられた感じがある。
▼戦国メディア市
http://www.asahi-net.or.jp/~mh6h-ecg/ksn/mediaiti/
いまではこの「BLOG M」で最終回を除いて読めるが、ちゃんとトップページだけはなぜか残っている。そして、総集編の2回にいたっては公開時サーバにもきちんと残っている。
▼完全戦国年表10周年特別企画・完全完全戦国年表年表
http://www.asahi-net.or.jp/~mh6h-ecg/ksn/ksn10th.htm
10周年のときはやたら企画が多く、楽しいものが多い。完全完全戦国年表年表って楽しい。が、このときは大学生で自宅PCで作業出来ず、大学PCで苦労して書いたのだった。

▼完全戦国年表10周年特別企画・「完全戦国年表」誕生の真実~私はなぜ「完全戦国年表」を作ったか~
http://www.asahi-net.or.jp/~mh6h-ecg/ksn/ksn10th2.htm
更新期間中、反響が(じつは)一番大きかったのはこのコンテンツなのだ。どうも、私立中高一貫校で挫折する経験を生々しく書いた文章というのはネットで少ないようだ。おかげさまで、給与を頂戴するほどにきちんと成長はしたし、得難き中学・高校の友人は多いが、今でも中高時代はあまり思い出したくない。同級生にはそのまま病を患った者もいる。教育で100%というのは困難である。
完全戦国年表・第4版告知サイトには、「完全戦国年表20周年記念特別企画」とある。20周年記念は全面リビルドでいくという並々ならならぬ意志である。1週末だけでは20人も書けないが、がんばるぞ、おー!


「戦国時代人物名鑑」新版の計画がある

1年1回程度は更新しています。
「完全戦国年表・第4版(仮称)」は地道に頑張って編纂しており、あわせて「戦国時代人物名鑑・第2版(仮称)」も計画中です。年表の方が形になったため、そこから人物名を抽出して、書くべき人物のリストアップにようやく着手できたところです。いまの「戦国時代人物名鑑」が89名のところ、「戦国時代人物名鑑・第2版」では229名に膨らむ見通しです。ダブルカウントはあるかもしれません。いや、きっとある。ただ、これまでの戦国時代人物名鑑が武将名鑑という名前にしなかった割に女性を載せていない不届きな状況だったのに対し、今回は当然のように執筆予定としていたりと、拡大の予定はあるのです。全部の人物が長い文章とはならない見込みですが、ちょっとは気の利いた一文くらいは入れていきたいよなあ。

で、ためしに「戦国時代人物名鑑 Ver.1.20」に名前があるのに、「戦国時代人物名鑑・第2版(仮称)」で記載計画がない武将というのを確認してみたんですよ。それでは見ていきましょう。

  • 芦名義広
  • 尼子晴久
  • 斎藤龍興

→これらの武将は「城が落ちたのと同時に死んでいない」ために、敗北の事実は年表記載があるのに名前が漏れてしまったケース。うーん、載せるにはどうしたらよいか。将来的には、「戦国時代人物名鑑の他の武将の項で名前が出てくれば執筆する」予定なのですが、最初からその通り計画すると何十年経っても公開が出来ないことが実証されてしまったため(苦笑)諦めることにしてしまいました。

  • 北条氏政

→現在の「完全戦国年表・第3版」では、北条氏直降伏の行に親父も切腹させられた記載があるものの、本来は日付も違うため年表上1項目にしてはいけないよねえ。。。かといって、複数行にするのは煩雑だし。日にちに拘る完全年表シリーズだからこそ悩ましい。しつこくせず深くしたい。葛藤しかない。

  • 猪俣邦憲

→真田丸ですっかり有名になった名胡桃城事件がスルーされている。。。いや、名胡桃城落城の項目は出てきたのに名前が消えてしまった。

  • 九戸政実

→九戸政実の乱の記載が無い。実は、「戦国時代人物名鑑」で九戸政実の流入は高かったのだ。他に記載しているサイトが少ない割に検索件数が多いことが影響していたのだろう。というか、岩手県民を経験したというのになんて俺だ。

  • 尼子国久
  • 尼子誠久

→おっと、これは新宮党粛正が漏れているなあ。

  • 里見実堯

→これも里見関係項目が漏れていますねえ。確かに「南総里見之館」の影響によって里見関連項目が増えたのはあるかもしれないですが、ちょっと地域戦国史に弱いのでは、第4版。

  • 真田幸隆

→有名どころが漏れてきました。個別の事件(砥石城落城)に功績者を書かなかったのが原因。

  • 毛利隆元

→家督を譲った系の項目は漏れやすいですね。

  • 福島正則

→じつは、「完全戦国年表・第4版」では応仁の乱開始の家康死亡終わりという、「完全戦国年表・第2版」の期間に戻るため、福島正則の登場がないのです(現在の第3版でも改易の項でようやく出てくる)。しかし、関ヶ原前の石田三成の7将襲撃で名前が出ても良さそうなのに、なぜそこでは加藤清正しか出てこないのか…

  • 平手政秀

→織田信長の記述で出てきそうなものだが、参考資料において文脈上で出てこない、ようは合戦が影響しないような場合は項目に組み入れられないのであった。

  • 土岐頼芸

→あれー、土岐成頼は出てきてるのに。これまた個別の事件が抜けたかな。と思って次を調べて驚き・・・

  • 斎藤道三

→どうせ違う名前で出てるから引っかからなかった…と思いきや、正徳寺の会見も主君へのクーデターも長良川の戦いも出てこない! おいおい、どうなってるんだよ…って、どうも戦国時代の通期を書いた本の場合、「京都の情勢(細川・三好)」「地域の状況(武田・上杉・北条・毛利・伊達・長宗我部・島津)」が書かれたあとに、織田信長って流れでそこにちょっと出てくるかどうかになってしまうのが斎藤道三のようで、すっかり忘れ去られるようなのである。調べてびっくり!
ということで、初版から第3版までの完全戦国年表と「完全戦国年表・第4版」では編纂のやり方が違っているため、だいぶ項目の抜けが出てきてしまう様子。でも、第3版を見て抜けている項目を追加するってのはなんか違うというか、わざわざ新版にする意味ないじゃん!ってことで、避けたいところ。本当に第4版を公開出来る日が来るのだろうか。そんな心配な情勢の最中、「完全幕末年表」のために資料を買い集めてしまったのだが、いろいろ大丈夫なのだろうか。


スマートフォン最適化を行いました

1年1回程度は更新しています。

「完全戦国年表・第四版」のときにまとめてやればいいや、と思って後手後手に回っていた「完全戦国年表」のスマートフォン対応ですが、ちょっと根詰めて現在の朝日ネットサーバにおいての対応を本日実施しました。やったことといえば、ビューポイント追加程度ですが。

これまでiPhoneやAndroidでは、PC版向け設定になってしまい、文字サイズが小さく読みづらかったのですが、スマートフォン用サイトと同じような表示が実現されていると思います。ただし、年表ページだけは例外で、今のところスマートフォン向け表示にしていません。これは、今のtableタグでは年号部分と新暦換算部分がスマートフォン向け表示最適化では表示できないため。年表だけはPC向けとスマートフォン向けを分けるのが正しいかもしれません。逆に、年表以外のページは元から1カラムでレスポンシブルデザイン準備万全のようなもので、CSSだけであっさり対応させています。なお、iPadのようなタブレット端末ではPCと同じ表示を想定しています。

これを機会に、HTML4.01、HTML5と非推奨にされてきたタグは極力置き換えをあわせて実施しています。Windows 7やMac OS XのGoogle Chrome、iPhone6のSafari、Androidの標準ブラウザではざっと確認していますが、これからIEやFirefoxでも確認をしてみたいと思います。

また、「放生月毛−戦国Links」もリンク切れチェックを行うと同時に、カテゴリ別ページをやめリンク集を1ページにまとめました。だいぶ昔相互リンクをしていたサイトが消えてきており寂しい限りです。1996年公開サイトの減り方といったら。「南総里見之館」「LSN地域戦国史特化型リンク集」を放置ながら公開し続けている智秘図氏がすごいような気もしてくるわけです。まったく他人のことは言えないのですが。

そう考えると完全戦国年表も20周年まであと1年とちょっと。たまに気合い入れる作業をしていますが、引き続き定期的な気合い入れは行わなければなりませんね。