“It’s true!” – それは真実だ! –

 WWDC 2005基調講演速報::PC Wacth
 世の中、何があっても驚いてはいけないのだと思う。昔、細川政権の第一党だったはずの日本社会党が、羽田政権になって連立を離脱すると「ジパングあさ6」のニュースコーナーで聞いたとき「嘘を申すな!」と本能寺の変の時の織田信雄ばりに寝ぼけて思ったものだ。多感な時期に、そういったアクロバティックな有為転変を度々目撃し、私のハートは少しばかり鍛えられた気がする。
 でも、やはり「MacOSXのIntel版がApple社内で密かに飼われていた」なんて事実を聞くと、息を詰まらせながら驚くより他にない気もする。
 DTPを少々しており、正直なところMac OS 9からMac OS Xへの移行でさんざん苦労させられた。でも、はっきり言えばこのOS Xへの「移行」は必要性を認められるものだった。なにより、68kからの移行に比べれば屁でもなかった気がする。
 68k MacからPowerPCへの移行期はもっと凄惨だった記憶がある。長らくパッケージソフトには「68k、PowerPC両対応」だの、片方しか対応していないだのひと悶着もふた悶着もあった。それに比べればOSXだなんて諦めがついたものだ。
 今回も確かに仕方ない、理解できない理由がないわけではない。PowerBookG5だなんて無理ではないかもしれないが無茶だったんだろう。現行PBですらアルミが温かいわけだし。かつてのiMacだなんて扇風機着用じゃないと使えるもんではなかった。PPCの発熱のすごさは確かにある。
 ……だけども。
 例によって(意外とCocoaアプリケーションなんてまともそうだけど)、二つのアーキテクチャで動くか動かないか心配しないといけない時代がやってきたのだ、「またしても」。OS Xへの引越しの疲れも取れないままに。そう考えると、今PPCアーキテクチャのMacを買うのも躊躇われる(使えなくなる時期がいずれ訪れる)し、IntelアーキテクチャのMacも出た当初はアプリケーションが揃わない可能性もある(じきに追いついていくのだろうが)。実際には問題なさそうな見通しではあるけども、「心配」というのはしばらくMac購入のネックとしてつきまとうことであろう。
 それから、前にも書いたけど今のPowerMacの魅力って安価で超高性能なマシン性能にあったはずで、64ビットでパワフルなG5デュアルに皆魅了されていたはずなんだけども…。あのリーナスだってもらい物とはいえMacを(まあLinuxを入れて)使って開発しているというのに。もう、ハードウェア的な魅力でMacが選ばれるってことはなくなるんではないか。
 ついでだが、OS Xは描画パワーをくうので、PCと同性能だったらWindowsの方がきびきび動くんではないか? したがって、WindowsPCとコスト・性能で勝負するのはきついのではなかろうか。指摘しているところが少ないようで少し気になった。
 いくらPowerPCがゲーム機向けで高性能と言っても、クロックアップしていかないとユーザにそっぽ向かれるコンピュータでは採用がきついという理由を考えれば、やむをえん選択だったのだろう。AMDでなくIntelをパートナーとして最初に選んだのも、Appleのブランド保持戦略からなんでしょう。安価なWindows機より多少高くなるのはMacなら仕方ないよな。
 Windowsとのデュアルブートは出来ないって予測が立てられてますが。ただ、現実にはPPCのMacにLinuxを入れるってのは良く行われていることで、インテルアーキテクチャのMacにどんなもんが入れられるか、考えるとわくわくもする。
 Macユーザーの多くはどんなことがあってもAppleについていくわけだ。昔OS8・9のころに、Macユーザは阪神ファンに例えられることもあったが、どうなんだか。
 コンピュータの歴史は常に激動だ。まだまだ、神話の時代だということか。