「おべんとばこMac」Mac mini

Mac mini速報レポート::PC Watch
早速分解してるし…(笑)
Mac miniはG4 Cubeを彷彿とさせるつくり。正直ローマシンでOS9で動かしているデザイン事務所も多いと聞くけど、これがOSX移行の起爆剤になるかもってくらいデザインが重視されていて正直びっくりした。499ドルMacって聞いて、もっとかつてのPowerMacintoshみたいなのっぺりしたマシン出してくるかなとか思っていたから。メモリだけは不足で1GBにしようとすると割高になっちゃうけど、ビデオまわりが値段の割りに高性能。小汚い部屋に雑然とおくのに向いてるかも。iMac G5の時ほど欲しいとは思わせないけど(結局買える値段ではないんですよねー<iMac G5)…お金あったら買ってしまいたかったなあ。PC用のキーボードとマウスが流用できると宣伝していたり、今までとは違う何かを感じる。
でも、さっそくここの記事のように「Mac on Linuxで使いたい」「BSDを…」と、脱OSXをしたがる風潮が出てきたあたり、Appleってばやっぱハードウェアメーカーなのかと寂しくなってくる。でも、実際これでうごくPCなりサーバなりがいまのところないから仕方ないとも言える。
ただ、今日実際に実機が出てくるようになってびっくりしたのは、そのACアダプタのどでかさだ。本体が小さいというべきなのかどうか。
実際、箱に入れて持ち運び、キーボードは各行き先においてあるフルサイズのものが使えるのは大きな魅力だ。ディスプレイもたいていの場合にはあるに違いない。もしかして、鞄の中に雑に入れても大丈夫なのではあるまいか? さらに、MacOSXは(なんだかんだ言われても)Unixの血を引いているので、SSHクライアントも標準でないWindowsに比べて都合が良いことが多い。
世の中的にはiPod shuffleのほうがインパクト大だったのかもしれないけど、やはりこーゆー個性的なモノは気になって仕方がない。
…なんか、PC関連の話をインターネットで書いたのは「MACHIDA PC MAP」閉鎖以来久々か。コンピュータはやはり楽しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする