第22回・ベストセラーはそのままで

前回、なんかかかんでもよいようなことをグダグダと書き連ねてみた。

「大河ドラマ」など、「原作」があるのに、それに沿わない。原作に惚れ込んでいた人ほど、それに対する怒りは大きくなるだろう。原作を知らない人にとって見れば、まったく不都合ないことなのに。でも、その「原作」のイメージが崩れることになるのは事実である。そのドラマに感動して「原作」を読んだら、それとはまったく違っていてびっくりする、というのは多いことである。ま、実際にはドラマにはなかった感動が多くめり込まれていることが多い。私が、数年前にTBSで放送された司馬遼太郎原作の「竜馬がゆく」を見たときもそうだった。当時まだ原作を読んでいなかった私にとって見れば大変面白いものだったが、原作を読んだ友人にとっては大変不愉快だったらしい。事実、私も原作を読んだあと、再放送があったので見てみると「何か違うぞ」と違和感を感じれずにはいられなかった。

まだ「歴史小説」の場合ならいい。問題は「時代小説=伝奇小説」を原作にしたときだ。

そもそも、歴史者の小説はまとめて「歴史小説」とか「時代小説」といわれることが多いが、実際には史実にあった人物・事件をそのまま小説に、伝記のようなスタイルで物語化するのを「歴史小説」、歴史の舞台を使って作者の設定で物語を展開させていくものを「時代小説」、又は「伝記小説」と分けるものらしい。

私は以前隆慶一郎氏の「見知らぬ海へ」を取り上げた。しかし、その後も隆氏の小説を読みつづけていくと、なんか、私の時代小説の偏見があっという間に取り払われてしまった。隆氏の作品を読んだ人のその作品、物語に対する愛情は強いと思う。

そんな、隆氏の作品がテレビドラマ化されるという。それでもって、驚くべきことに「影武者・徳川家康」だという。テレビ朝日系の「ベストセラー時代劇」の第四弾だそうで、私にとってみれば「功名が辻」の原作離れの印象が強い。そこで、念のために小説の「影武者・徳川家康」を今、取り上げてしまうのである。

私がこの作品を読んだのは「時代小説の愉しみ」の後。はっきり言えば、「影武者家康関ヶ原死亡説」というのが好きになれなくて、あまり読む気はしなかった。ところがいざ読んでみると、知らず知らずのうちに私は作品に酔ってしまったのである。「先がどうなるか分からない展開」こんな展開で面白くないわけがない。私は、島左近生存説は半信半疑だったが、風魔一族は風魔小太郎が江戸で懸賞金をかけられて捕らえられ、それっきりだった、と思いこんでいた。しかし、氏の小説ではうまく作品中に登場している。第9回のときに私は「次に『影武者徳川家康』を読んだのだが、これまたぶっ飛んだ。この本の読後、徳川秀忠に対する見方がかなり広くなってしまい『読んだ事を後悔した』と思ったくらい影響力ある作品だった。」と書いている。私の秀忠感もついつい変わってしまったのは、今製作中の「戦国時代人物名鑑」の徳川秀忠の部分を読むと自分でもわかる。思わず苦笑してしまう次第だ。

隆氏の作品を読み進めていくと、そこには共通のものがある。でも、私にはそんなことを書いていく資格がない。そう思わせるほど素晴らしい作品なので、普通の小説に飽き足らない方はぜひどうぞ。

こんな作品で「原作破り」なんかしたらどうなるか分かったもんじゃない。

あと、お詫び。今日はなぜかキーボード進みが悪い。打ち間違えるは、文章もよどむはと散々である。ある程度の誤字はお見逃しいただきたい。文章も今日はまさしくわやくちゃで、まとまもな紹介にはなっていないが、大変申し訳ない。MS-IMEがこのところバカなので困る・・・

富士通キーボードにいらつく筆者

DATA:隆慶一郎、「影武者徳川家康」
(初出:「戦国メディア市・第22回」1998.4.4)