第15回・犬畜生といわれても絶対に勝て、勝てるは大河のみぞ

「総集編」見てから書いたので更新がまた夜になりました。すみません。というわけで、1998年より戦国メディア市の更新は第1・3土曜日となります。それにしても、37度の中途半端な風邪ひいちゃってて苦しいです。どうせなら高熱出した方がすっきりするのに・・・・ってそれはそれで苦しいので言わないでおこう。

思い起こせば第2回戦国メディア市。よくもあそこまで大人げなく書いたなあ。「原作破り」というのはある程度はいいと思う。むしろその方がよい場合だって多い。しかし、原作となまじ折衷させたことでよくない結果をもたらす事だってある。美伊の嫁入りのときも閨を共にさせない(元就頃の年齢では事までに及ばなくとも、それは問題になるのでありえないような気はするけども)なら、寸部も帯びていない「床入りの儀式」はなくした方がすっきりしたと思う。小三太と藤野延命も大河作中では仕方ない、自然な事だと思うが少なくとも「忍び」なのであれば「恩」や「美伊様に命助けられましたこと・・・」というのは、と思う。

私のまわりの“濃い”人が「大河いつ終わるんだよ、見ていて苦痛なんだよ」とまで行っていたが、前作秀吉に懲りた私は一目、一息置くことでドラマとして楽しんでしまった。とくに、有田の戦い(元就初陣)吉田郡山城篭城戦や厳島の戦いの軍議とか、吉川元春の嫁取りとかは個人的に好きなシーンだ。今回、キャスティングはばっちりで、特に井上元兼は最高(と言ってた人がいて同感した覚えがある)とか、杉その他の女性陣も前作の某有名悲運の姫君(2回の落城の方)とは違い、ばっちりであった。毛利元就と小早川隆景については異論も多かったようだが、私は当初から(とくに小早川隆景の方は)素晴らしいと思っていた。隆景の謀略の人のイメージは織豊偏重の歴史観からの目であると思う。

それではこの段落では合戦の演出についてまた。当初「今までの馬を用いた合戦から弓・槍偏重の合戦へ」と合戦シーンの演出変更を聞いて期待していたのだが、これだけはちょっと私一人の期待は外れてしまった。皆様の鎧兜の豪華なこと。雑兵のあれだけの兜を陣笠にすべて変えれば中国地方の大名はすべてその余った資金で天下取りへ一歩近づいたのではないだろうか。あと、毛利元就と尼子晴久、陶晴賢と毛利隆元の一騎打ちも武田信玄と上杉謙信の一騎打ちより斬新すぎて私の理解をはるかに超えてしまった。

毛利隆元暗殺にも驚いたし、尼子晴久暗殺にも驚いた。「有り得ること」であることに間違いない。しかし、「教科書」のシナリオをドラマ化した大河で「裏の歴史」が描かれるとは、と思って驚いた。隆元暗殺説は強烈で、こうなったら「将星録」で隆元の寿命を7にして天下取らせるしかない、と思ったほどだ(なんのこっちゃ)。こうなったら、もう行くとこまで行くしかないかも(意味深)。

私が毛利元就を考えるうちで好きなのが雪合戦のエピソード(自分のこと家中の若者の二つある)や原作で痛く感動した「陰険な目」が削られたことは『山霧』を取り上げたときに書いた。では、その代わりに何がこの大河にあったのか。加芽という架空人物と新武将・村上虎吉、野田次郎がその主たるものだと思う。私の記憶のどこかに「大河視聴率低迷を乗り切るには、中村橋之助と葉月里緒菜の不倫しかない・・・」そんなことなら最初から毛利元就を木村拓哉にして美伊を松たか子にすればよかったんだっ!(某氏談) 厳島合戦時に村上武吉の代わりに村上虎吉が出てたのは?であるが、この仮想人物登場は悪くないと思う。しかし、史実を曲げて、というのはどうかなあ、と。

毛利輝元を森田剛にしても、某特別命令リサーチ番組に視聴率で負ける。第2回では視聴率狙いは云々かんぬんと書いたが、あえて今回は逆の道を書く。こうなったら、もう視聴率を狙いまくる。その為には、尼子経久が毛利元就に非公式にそこらで3回も会ったことは大歓迎だ。「秀吉」では比叡山焼き討ちの後尾張の実家に戻るのはおかしい、と思ったが、これは小説等から見た考え方だ。テレビドラマでないと異次元を超えたような夢の会話は実現しにくい。「ドラマ」として素晴らしいものにするための結果だろう。しかし、話のストーリーに関係しないような合戦シーンとかは満足行くようにしてもらいたい。

戦国時代のエピソードは江戸時代にそこらの講談師とかその当たりで作られた、という考えもある。しかし、100年以上も民衆に親しまれてきただけあって洗練されているし、限りなく当時の考え方の近い。そのような「作られた」エピソード、「本当の」エピソードは感動に満ちたものが多い。秀吉を語る際にはたとえ矢作川に橋が架かってなくとも、舟でもいい、蜂須賀小六と流浪中に会っておいて欲しい。やっぱり秀吉には草履を暖めていて欲しい。厳島で勝った瞬間よりも、月山富田城を落とした時よりも、ささやかなある時の出来事の方が感動に満ち溢れている事だってある。ささやかな出来事の方が多いのだから。「作った」エピソードもこの際入れてもいい。これを加えることによってささやかな感動と多くの人が分かりやすい大きな感動を結び付けられるなら。大河ドラマはCGと音楽(あとキャストも)に関しては200点なのだから、これに「歴史」が面白さがくわわれば・・・

なんたって大河は影響力がある。これによってよく言われる「年号暗記の歴史」で嫌いになった人や、歴史に興味がない人にも、歴史も見方を変えればこんなに面白いんだ、ということを少しでも分かって欲しいから。そのためには「合戦は勝たねばならないがどんな卑怯な手を使ってもいいという訳でなく、卑怯な手で領土をえれば後々まで嘲られるであろう」(北条氏綱)ではなく、「犬畜生といわれても勝て」(朝倉宗滴)でもいい。どんなに素晴らしい作品でも、全国放送ならとやかく言われない作品の方がはるかにおかしい。とやかく言われるということは素晴らしい点があるからこそ、少しでも劣る点が指摘されるのであって、作品自体がすべてだめなら誰も熱狂的には言うまい。このような戦国ドラマはなんだかんだいって「大河」にしか出来ない。だから是非やって欲しいという願望なのだ。

というわけで、第15回戦国メディア市は「大河ドラマ・毛利元就」でした。



気づいたらもうすぐ12月29日更新の筆者


DATA:NHK、大河ドラマ・毛利元就
(初出:「戦国メディア市・第15回」1997.12.28)